serisu0006


ファイナルファンタジー6に登場する女将軍。仲間になる際は拘束された状態で帝国兵にボコられている。ロックに助けられなければ今頃どうなっていたかを妄想すると、ロックを恨まざるをえない。ちなみに、のちに発売する他機種版では、このシーンが倫理的に問題ありとカットされている場合が多い。彼女、実は人工的に魔導の力を植え付けられた存在である。魔導の力を植え付けられたのが、果たして上の口からなのか下の口からなのか、はたまた後ろの口からなのか。その判断は貴殿らの妄想に委ねられている。

serisu6
serisu5
serisu3
serisu2


同じく帝国に魔導戦士として利用されていた存在にティナがいるが、ティナは前の口だか後ろの口だか定かでは魔導の力をぶち込まれたセリスとは違い、生まれつき魔導の力を持っていた存在である。つまり、セリスよりもティナの方がエロいという論法が成立してしまうわけなのであるが、実際のゲームでは明らかにセリスの方がエロい描写をされているのが納得がいかないところではある。ちなみにセリスが持つ魔導の力でも、生の魚を食べさせ続けて瀕死の病人を蘇らせてしまうぐらいの威力は持ち合わせているようだ。

serisu0001
serisu0002
serisu1
serisu0005
serisu0013
serisu0012


セリスは、ファイナルファンタジー6に登場するティナやリルムと比較して、やや大人びた雰囲気があるキャラクターである。リルムは年齢てきに当たり前といえば当たり前だが、世間知らずなところがあるティナとも置かれている立場からしてかなり違う。そんなセリスも、とあることから帝国を追い出されるわけであるが、やはりとあることから帝国に戻ったりと、なかなか波乱万丈な人生を送っている。帝国に戻った理由がケフカの慰み者になるためなんてことは、プレーヤーの我々には知る由もないことである。

serisu0011
serisu0010
serisu0008
serisu0007