yufi0003


仲間にするイベントは前情報がなければかなり苦戦を強いられる。出現率自体も低めなので、せっかく会えたと思ったら選択肢を間違えて逃げられ、絶望の叫びをあげたユーザーも多いことであろう。しかし、マニュアルさえあれば何も怖いことはない。現在の恋愛はほぼほぼマニュアル化されており、それさえあれば容易く攻略できてしまうのである。是非あなたもマニュアル(攻略サイト)を手にしてユフィとあんなことやこんなことを楽しんでいただきたい。

d_082270pr
ユフィンとエッチ


yufi0002
yufi0005
yufi0004
yufi0001


FF7で初出。世間のくのいちの印象を根底から覆す刺激的な衣装と活発な性格が特徴。マテリアが大好物でことあるごとにパーティメンバーのマテリアを盗もうとするが、結局バレてオシオキをされるといういろいろとオイシイ役回りのキャラクター。弱点は乗り物酔いで、クラウドとは同じ悩みを持つ同胞だが、一緒にゆさゆさしても気持ち悪くなるのかは二人以外に知るものはいない。

d_087823pr
ユフィ…罠に落ちた忍者娘


99b3fe87
f6ef40da
yufi2
yufi1
601a72a9


ユフィといえば、ゴールドソーサーでのデートイベントの発生方法を血眼になって探したという猛者も多いのではないだろうか。他の女性キャラクターとのデートイベントもなかなか良い感じの雰囲気になるが、ユフィとのキスシーンは、普段色気を感じさせない女の子なだけに、より一層の破壊力があるシーンである。ちなみに、ユフィという名前の由来は、「なんとなく語感がいいから」というなんとも適当な理由。ユフィファンは、物事を深く考えてはいけないと思い知った瞬間である。

d_068830jp-002
F-ヒロインズ完全凌辱


yufi4

yufi5
yufi3
yufi2
yufi1
yufi6


ファイナルファンタジー7でロリコンゲーマーのハートをかっさらっていったマテリアハンターな彼女は、それ以降のFF7シリーズにもたびたび顔を出す。特に、CCFF7では、本編よりもさらに幼いころのユフィが登場し、ロリコンゲーマーを狂喜乱舞させた。得意技の「シュシュシュ」はこの時代から必殺技として重宝しているらしく、ザックスをこれで退治したことに気を良くしたのか、以降もずっと使い続けることとなる。ノリがいいのかただのバカなのか、はっきりしてほしい。

d_014505pr
ダンシングF ユフィMAX


yufi6
yufi5
yufi4
yufi3
yufi2
yufi1
d_057280pr
ユフィリアル-complete edition- + 歌姫ユウナンの憂鬱1・2